より良い地球環境の創出に向けて、第二発電所を設置しました

この度、私たち日本ウエストン株式会社は、太陽光発電システムの第二発電所を設置いたしました。
現在、地球は人間の活動による温暖化が問題になっております。その要因の一つに二酸化炭素が挙げられます。今回の太陽光発電量を増加することで、少しでも二酸化炭素の排出量が減少し、温暖化対策の一因となればと願っております。
このコーナーでは、第二発電所の月間太陽光による発電量を計測、公表しています。
この取り組みを通じて啓発活動を行い、少しでも地球のためになることを行ってまいります。

第二発電所 月間太陽光発電量

第二発電所 年間の発電量の推移

毎年の太陽光発電の発電量をご紹介しております

| 2017年 発電量 | 2016年 発電量 | 2015年 発電量 |

二酸化炭素量の計算について

日本ウエストンの二酸化炭素量は、下記の計算方式で算出しております。[2010年1月より変更]

二酸化炭素削減量(二酸化炭素換算)[kg-CO2]=発電量[kWh]×0.561[kg-CO2/kWh]

また、毎日の削減量は四捨五入を行い、小数点第一位で表記しています。月間はその合計値です。

尚、代替値 "0.561[kg-CO2/kWh]"は、経済産業省・環境省が定める次の値を参照しております。
[2010年12月27日web公表]

特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(平成18年経済産業省・環境省令第3号。)第2条第4項に基づく代替値(0.000561t-CO2/kWh)

この代替値が変更された場合、その発表月より変更後の値で計算をします。